看護師求人大学病院ランキング

広島大学医学部附属病院

広島大学病院では、毎年4月に100名ほどの看護職員を採用しています。ただし、これは新卒者を対象とする採用です。応募資格にも「看護師免許、または助産師免許を所有するもの」という条件以外に、平成29年度の採用案内で言えば「平成29年3月に看護大学、看護短期大学、看護学校、看護師養成所卒業見込の者」と明記されているので、既卒者や転職希望者が応募できる枠ではありません。欠員が生じた時など、中途採用が行われることも考えられるので、転職希望の方はこまめに情報をチェックしておきましょう。

一般の看護職員の募集は、新卒者に限られていることの多い広島大学病院ですが、専門性を発揮する分野では、不定期ではあるものの中途採用を行っています。2016年7月現在では、認定遺伝カウンセラーとして働ける看護師と、がん放射線療法認定看護師の募集があります。それ以外にも不定期に認定看護師や専門看護師の求人を行うことがあるようで、一般の看護師と違って年度初めの4月以外にも転職できるチャンスがあります。

2016年7月現在に募集中の求人情報から、中途採用の看護師の待遇等がうかがえます。まず、認定遺伝カウンセラーですが、常勤の募集であり、採用されると遺伝子診療部でカウンセリング業務に従事することになります。応募資格は、看護師免許を所有していることに加えて、認定遺伝カウンセラーの認定を受けていることが条件です。書類選考を経て、筆記、面接、適性検査で採用が決まります。給与に関してですが、大卒と短大卒で金額に若干の差があります。経験年数によって以後の給与は変わってきますが、2016年の公開情報では、初任給は大卒で約22万円、短大卒で20万円前後となっています。短大も二年制卒か三年制卒で数千円の違いがあるようです。ただし、これは初任給であるため、すでに認定遺伝カウンセラーとして豊富な経験がある方であれば、早い段階でご自分の年齢と経験にふさわしい金額までアップするでしょう。

もう一つの募集中のがん放射線療法認定看護師ですが、こちらは一般の看護師とともに準夜勤・深夜勤をこなしながら三交代で働きます。看護師免許に加え、がん放射線療法看護の認定看護師免許があることが応募条件です。初任給は認定遺伝カウンセラーと同じぐらいの金額ですが、夜勤があるためにその分の手当てが付くので、総額では上回ります。もちろん、経験やスキルに応じて評価されるので、こちらも早い段階で年齢や経験にふさわしい金額にアップすると予想されます。

大学病院に実績が多い看護師求人サイトランキング!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※信頼性の高いベネッセグループ運営




※当サイトではリクルート系のナースフルが安定して1位を獲得中です。
※厚生労働大臣認可の無料転職支援サービスマイナビ看護師も人気上昇中です。


大学病院の看護師の基礎

看護師募集中の大学病院一覧


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人大学病院ランキング All Rights Reserved.