看護師求人大学病院ランキング

大学病院看護師の転勤

大学病院に勤める看護師の転勤事情ですが、付属先の大学が国立か私立によって異なりますし、その病院の規模によっても変わってきます。詳しく説明する前に、国立大学病院についてまず確認しておきましょう。

国立大学を母体とする病院には、「国立○○大学病院」、「国立○○大学附属病院」、「国立○○大学医学部附属病院」など名称が分かれていますが、それらに厳密な違いはありません。ただ、これらは「国立」と病院名に付いてはいるものの、国が運営母体というわけではなく、従来からの慣例に従ってそう呼ばれているに過ぎません。国立大学が法人化した今では、それが管轄する大学病院も独立行政法人であり、そこに従事する医師や看護師はもはや国家公務員ではないのです。ただし、雇用条件や待遇は、国家公務員であった時代の影響が残っているので、民間の病院よりも比較的良く、そこで働く人たちを準公務員と呼んだりします。要は、国立病院機構に属する国立病院とは、立ち位置が異なることを覚えておきましょう。

看護師が国立病院に採用された場合、北海道東北、関東信越、東海北陸、近畿、中国四国、九州と6つに分かれた機構内のブロック内で、配属先が決まります。ブロック内では比較的転勤はありますが、ブロック外に転勤を命じられることはありません。ただし、家庭の事情などで自分から希望を出せば、ブロックをまたいで異動がある場合もあります。国立大学病院は、もはやこの国立病院機構には属していないので、転勤事情はこの通りではありません。それぞれが独立の存在ですので、いったんそこに就職すれば、退職するまでその大学病院内でずっと働くことになります。ただし、本院と分院が分かれているようなところでは、大学病院内での異動があるところもあります。しかし、これも看護師長などの管理職がおもな対象です。

一方の私立大学が運営する大学病院は、病院の数だけ転勤事情が異なります。系列グループ化しているところでは、グループ内での異動があるところもありますし、同じ大学病院であっても本院・分院と分かれているところでは、その間の異動もあるようです。系列下に専門病院があるところでは、大学病院の本院で経験を積み、分院で専門性を発揮するという働き方も可能です。ほとんどのところでは、意に沿わぬ転勤を強いられることはないと考えられますが、採用前の面接で自分の希望をしっかり伝えておき、その病院の異動事情等をよく確認しておくようにしましょう。

大学病院に実績が多い看護師求人サイトランキング!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※信頼性の高いベネッセグループ運営




※当サイトではリクルート系のナースフルが安定して1位を獲得中です。
※厚生労働大臣認可の無料転職支援サービスマイナビ看護師も人気上昇中です。

大学病院の看護師の基礎

看護師募集中の大学病院一覧


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人大学病院ランキング All Rights Reserved.