看護師求人大学病院ランキング

大学病院看護師の転職と学歴

看護師になるには、四年制大学の看護学部や看護大学、または三年制の看護系短大や専門学校を卒業し、看護師免許を取得しなければなりません。看護師免許を取得してしまえば、看護師としての身分は誰もが対等のはずです。実際、個人のクリニックなどに就職する際に、その看護師が大卒であるか専門卒であるかは特に重視されません。転職の場合は、看護師としてのそれまでの経験が重視されます。

ただし、大学病院の場合、民間の病院とはやや事情が異なります。大学病院には、その大学付属の看護科出身の看護師で学閥を作っていることは珍しくありません。そういう病院で看護師長や主任になろうとしても、その学閥でないとなかなか難しい面もあります。つまり、大学病院で出世しようと思うと、学歴というか学閥が関係してくることはあるのです。

また、新卒の看護師の採用を考えてみましょう。看護師の実務経験がない以上、どんな人かを判断するには、実際に面接した印象と、どんな学校を卒業したかという学歴ぐらいしか材料がありません。他のどこも特に差がない候補者が二人いて、一方しか採用できないとなると、大卒の看護師の方が有利になる面は否定できません。ただし、大卒といっても、看護系以外の一般学部を卒業したのちに、看護の専門学校に入り直して看護師免許を取得したという場合、大卒であることが有利に働くわけではありません。あくまで看護に関係のある学歴が有利になることもあるというわけです。

それに、転職の場合は上記のことが当てはまりません。中途採用で重視するのは、第一にこれまでの経験です。学歴が優れていたとしても、現場で活躍できないと判断されれば採用されることはないでしょう。特に大学病院は中堅やベテラン層の看護師が少ない傾向にあります。学校を出たての看護師が多く、彼らを指導する意味でも、中途採用者には実地で養った経験や知識、指導力が求められます。

つまり、大学病院であっても、転職の場合、管理職を目指す場合以外に、学歴が業務に影響を及ぼすことはあまりないと言えるでしょう。しかし、給与面では学歴によって差が出ることは確かです。新卒の場合を考えてみると、四年制大学卒と専門卒では初任給に数千円から数万円の差が出ることもあります。1万円の差だったとしても、1年では12万円の差になり、10年では収入が120万円も違ってくることになります。ただし、転職の場合は、即戦力で働けることが何よりも大切なので、学歴よりもこれまでの経験や資格を元に給与が決められます。数年間働いて実績を残せば、大学病院であっても、学歴でそれほど大きく収入面に差が付くことはないと考えられます。

大学病院に実績が多い看護師求人サイトランキング!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※信頼性の高いベネッセグループ運営




※当サイトではリクルート系のナースフルが安定して1位を獲得中です。
※厚生労働大臣認可の無料転職支援サービスマイナビ看護師も人気上昇中です。

大学病院の看護師の基礎

看護師募集中の大学病院一覧


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人大学病院ランキング All Rights Reserved.