看護師求人大学病院ランキング

大学病院看護師の夜勤

大学病院だからといって、夜勤は他の総合病院と大きな変わりはありません。ただ、夜勤の実情は病院ごとに大きく違います。実際に働いてみないことにはわからないこともたくさんありますが、転職の際には、外部からでもわかるポイントを基準に判断しましょう。

大学病院での常勤看護師にはもれなく夜勤があると思ってよいのですが、最初に確認しておきたいことは、72時間ルールが守られている職場かどうかということです。現在、看護師として夜勤を経験している方ならおなじみのルールですが、2006年にできたルールなので、知らないという方は確認しておきましょう。基本は、1カ月の夜勤時間のトータルが72時間以内であるということです。二交代制の夜勤なら月に4回までとなり、準夜勤と深夜勤に分かれる三交代制のところなら、これらを合わせて月に約9回が目安となります。このルールを守らないと病院は診療報酬を減らされるので、ほとんどの大学病院では問題ないでしょう。

ただし、72時間ルールにも例外があります。救命救急センター、集中治療、認知症治療、緩和ケアのような24時間体制の病棟では、月の夜勤が72時間以内というルールは適用されません。こうした病棟では24時間医療を提供する必要があり、夜間であっても看護師の人数を減らすというわけにはいかないからです。患者の命にかかわることなので、看護師のコンディションより看護の必要性が優先されます。

また、夜勤専従という働き方も、月の夜勤時間に制限がありません。72時間ルールができる前は、夜勤専従者が夜勤に従事する上限時間は月に144時間でしたが、2012年にこの上限は撤廃されました。そのため、大学病院でも夜勤専従者の数を積極的に増やしています。夜勤専従者の勤務時間が増えれば、日勤と夜勤をローテンションでこなしている看護師にとっては、業務の負担が軽くなります。こういう病院には、夜勤手当を見込んで夜勤専従者として応募するのもいいですし、日勤と夜勤のローテンションがこたえるという方も、負担の少ない働き方ができていいでしょう。

二交代制、三交代制、夜勤専従のいずれにせよ、夜勤を伴うと、生活リズムが不規則になるのは避けられません。体力のあるうちはやっていけても、夜勤自体に慣れていなかったり、年齢を重ねて体力的にきつくなったりすると、夜勤によって体調を崩すということもあり得ることです。ご自分の体調等とよく相談したうえで、無理のない働き方を選びましょう。

大学病院に実績が多い看護師求人サイトランキング!

ナースフル

URL:https://nurseful.jp/career/ ※業界No.1のリクルート系の仲介サイト




マイナビ看護師

URL:http://mycom-agent.jp/ ※厚生労働大臣認可の無料転職サービス




ベネッセMCM

URL:https://www.benesse-mcm.jp ※信頼性の高いベネッセグループ運営




※当サイトではリクルート系のナースフルが安定して1位を獲得中です。
※厚生労働大臣認可の無料転職支援サービスマイナビ看護師も人気上昇中です。

大学病院の看護師の基礎

看護師募集中の大学病院一覧


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2012-2017 看護師求人大学病院ランキング All Rights Reserved.